ビバンコ/クリアンサ赤2017

販売価格

3,000円(税込)

購入数

【ワイン文化の継承にも献身的なリオハの老舗ボデガ】ビバンコがワインを生産しはじめたのは、1915年のこと。その後、本拠地をリオハ・アルタのブリオネスにうつし、現在、4代目となるサンティアゴとラファエル兄弟と彼らの父親によって現在のビバンコが運営されています。2004年にオープンしたスペイン随一のワイン博物館には、一家の長い歴史の中で集められた絵画や機械などワインに関するさまざまな展示物がみる人を魅了しています。醸造を担当するラファエルは、1975年生まれ。フランス・ボルドーで醸造学を学び、つくられるワインは、透明感がありバランスのよいものに仕上がっています。

メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら